miracle

  • 進学説明会について
  • 進学説明会に関するお問い合わせ

進学説明会について
進学説明会に関するお問い合わせ

高等専修学校の紹介

“高等専修学校”と言われても、正直どんなところなのかなかなかピンとこない人も多いのではないでしょうか。専門学校と同じじゃないの?高校と同じじゃないの?・・・そんな勘違いもまた多いでしょう。中学校の不登校生や高校中退者の受け入れ、資格取得にだって積極的という高等専修学校の仕組みが分かれば、進路の選択肢はぐっと広がるはずです!

専修学校の仕組み

専修学校とは、職業に直結する知識や技術と、社会に出てから必要な教養を身に付けられる教育機関。入学資格の違いによって、専門課程・高等課程・一般課程の3つにわかれています。一般的に「専門学校」と呼ばれるのは、専門課程のこと。入学するには、高校卒業者もしくは高校卒業程度の者という制限があります。専修学校全体のうち、80%を占めているのがこの専門課程です。高等専修学校は、中学卒業者を対象にしている高等課程のこと。専門知識と技能を学びながら、高卒と同等の資格取得を目指すことも可能です。 専修学校の中で入学資格に制限がないのが、一般課程です。専門学校や高等専修学校以外の教育を実施し、学歴に関係なく幅広い年齢層の人が学べる教育機関です。

専門分野をいち早く学べる

高等専修学校で学べる内容は、文部科学省によると、工業/農業/医療/衛生/教育・社会福祉/商業実務/服飾・家政/文化・教養という8つの分野に分けら れます。実際には、複数の分野にまたがった学習内容の学科もたくさんあるので、幅広い内容の学習が可能ともいえます。もちろん、実生活に必要な教養も学習 範囲なので安心です。ひきこもりや不登校、高校中退など、一度どこかでつまずいた経験があったとしても、専門分野に興味や関心を持っていたり、将来のやりたいことがはっきりしている人には向いています。

卒業後の進路

通常、高等専修学校を卒業しても高校卒業資格は与えられません。高卒資格がなければ大学や短大受験資格を得ることもできないので、進学希望者は注意が必要です。高等学校の学習は普通科目が中心なのに対して、高等専修学校は専門科目を中心に学びます。卒業後は、習得した技能に関連する分野へ就職するのが主流なの で、高卒資格がなくても困らないという生徒も多くいます。とはいっても、進学希望者がいないわけではありません。卒業後に上級学校への進学を考えているな ら、予め「大学入学資格付与指定校」を選ぶとよいでしょう。大学入学資格付与指定校は、修業年限3年以上/総授業時間数2,590時間以上等の要件を満たしている高等専修学校です。卒業すると高卒資格ではないものの、高校卒業者と同等の扱いを受けることができ、大学入学資格を得ることが可能。また、これらの高等課程の多くは専門課程(専門学校)を併設していることが多いので、学内推薦などを利用した進学の道も開けます。

学校の種類

通信制高校・サポート校・高等専修学校を調べる

高卒資格のとれる通信制高校・通信制高校サポート校・専門学校高等課程(高等専修学校)を『アートワン通信制学校ガイド』で見つけよう!!

miracle
Copyright (c) ARTONE Co.,Ltd. All rights reserved.