miracle

  • 進学説明会について
  • 進学説明会に関するお問い合わせ

進学説明会について
進学説明会に関するお問い合わせ

サポート校の紹介

サポート校は、まだあまり知られていないため「通信制高校とは何がちがうの?」「通信制高校に通うだけじゃだめなの?」といった疑問を持つ方も多いかもしれませんが、とくに不登校から通信制高校を考えている人にとっては、一度考えてみても損はない機関です。

サポート校の役割

サポート校とは、通信制の学習をサポートする民間の教育機関のことです。専門学校や予備校、学習塾などが母体となっていることが多く、それぞれの特長を活かした教育支援を行っています。通信制高校は自分のペースで学習できる”自由”なところがメリットであり、デメリットでもあります。強い意志や自己管理能力がなければ、自分の力だけで、最短の3年間で高校卒業資格を得るのは難しいのが実情。そこで有効なのが、サポート校の存在です。サポート校は、通信制高校在籍の生徒が3年間で確実に高校を卒業できることを第一の目標に掲げています。さらに、不登校生や高校中退者、学力不振者などへのきめ細やかな指導は一定の成果を上げていて、転入・編入生の受け皿になっている場所でもあります。なお、注意したいのはサポート校のみでは高校卒業資格は取得できない、ということです。サポート校が提携している通信制高校にも同時に入学し、実際の卒業資格は、その通信制高校で取得することになります。

楽しい学校生活

サポート校の生徒には、小・中・高校のいずれかの時期にクラスでいじめや疎外されるなどを経験し、人間関係に自信を失くした生徒や、学校生活を苦痛に感じ、不登校になってしまった生徒も少なくありません。こうした生徒たちが社会に復帰することができるように、とけこみやすい少人数制クラスの導入、将来の目標を見つけやすい多彩なコースの設置、少しずつ登校日を増やす登校準備期間を設けるなど、 サポート校ではさまざまな工夫を行っています。これには、生徒それぞれの事情に配慮し、個性を尊重することで、楽しい学校生活を送ってもらいたいという狙いがあります。学生生活を楽しむ上でかかせない、文化祭や修学旅行を、サポート校が中心となって開催されている場合も多いようです

授業内容はいろいろ

サポート校の授業は学校によってさまざま。通信制を卒業するのに必要なレポート作成を行う授業を基本に、不得意科目を補う指導や、学校独自のコース別授業などを行います。午前中の時間を通信制の学習に当てて、午後からをコース別授業に当てるという形が多いようです。全日制の一斉授業とは違って、それぞれの学習レベルに合わせた少人数制の指導によって、基礎学習から学びなおすことできるため、学習の遅れを心配している生徒でも、安心して課題を進めることが可能です。また、設置コースは、スポーツ、音楽、芸能、福祉・・・など、学校ごとに多様なコースが用意されています。

学校の種類

通信制高校・サポート校・高等専修学校を調べる

高卒資格のとれる通信制高校・通信制高校サポート校・専門学校高等課程(高等専修学校)を『アートワン通信制学校ガイド』で見つけよう!!

miracle
Copyright (c) ARTONE Co.,Ltd. All rights reserved.